理念

ムラトグルー・アカデミーの代表であり設立者であるパトリック・ムラトグルーは、テニス界で最も影響力のあるコーチです。「コーチ」というニックネームを持つ彼は、世界レベルでその名を知られています。

 

ハイレベルなプレイヤーたちと共に数多くのキャリアを重ねてきた彼は、2012年にセリーナ・ウィリアムズの公式コーチとなり、これが彼のターニングポイントとなりました。7年前から、「ダイナミックな二人組」は、テニス史に何百ものページを書き続けています。

 

「私たちはプレイヤーの結果に対する責任を負っています。そして、私たちは勝敗に関わらず、その結果を負わなければなりません。」

マルコス・バグダティス

コーチとしてパトリックが初めて責務を担ったのがこの選手でした。

ジュニアの世界ランキング1位となったこのキプロス出身の選手は、2006年、オーストラリア・オープンの決勝戦でロジャー・フェデラーと対戦します。これは彼らのコラボレーションの成果だと言えます。

同年、マルコスはウィンブルドンでベスト4入りしました。

アナスタシア・パブリュチェンコワ

この若いロシア人プレイヤーは、パトリックのもとで世界ランキング350位から25位と大きく飛躍しました。

パトリックは、現在WTAツアー勝利5回というそのキャリアを一変させました。

ムラトグルー・アカデミーは、現在でも「ナスティア」のトレーニングベースとなっています。

アラバン・レザイ

パトリックはまた、プレイヤーの持つ潜在能力を大きく伸ばしています。

世界ランキング60位であったアラバンは、パトリックと共にトップ10位入りを成し遂げました。

彼女は、マドリード・マスターズの決勝戦でビーナス・ウィリアムズを破り、そのキャリアで最も貴重な勝利をおさめました。

同年、アラバンは世界最高のプレイヤー5人を破っています。

ヤニナ・ウィックマイヤー

ベルギー人プレイヤー、ヤニナとパトリックのコラボレーションは、全米オープンのセミファイナルの後に始まりました。

彼らは共に、ヤニナのキャリアの中で最高となるWTAランキング12位に上り詰めました。

ジェレミー・シャルディー

緊密な連携

ムラトグルー・アカデミーに足を踏み入れた当時、彼は自信を完全に喪失していました。

パトリックと共に、彼は成功を取り戻しはじめ、そのキャリアに新たな息吹を吹き込んでいます。

彼はデビスカップで、世界ランキング10位であったドイツのユルゲン・メルツァーとの試合でフランスチームに勝利をもたらし、国民的ヒーローとなりました。

グリゴール・ディミトロフ

グリゴール・ディミトロフは、まだ宝石の原石ともいえるような存在で、ATPツアーでジュニアとしてのキャリアで培った能力を発揮するために、パトリックのもとにやってきました。

コーチの手助けにより、ブルガリア出身のこの若いプレイヤーは、初めて世界ランキング50位に入ることができました。

そして5年後、世界ランキング3位にまで上り詰めています。

セリーナ・ウィリアムズ

初参戦のローラン・ギャロスで敗退し、主要大会で勝利をおさめることなく2年が過ぎた後、セリーナは「グランド・スラムの最後のトーナメントで勝利をおさめる」ために、パトリックをコーチとして採用しました。

「ダイナミックな二人組」は、最終的に10の勝利をおさめ、セリーナは現在、オープン化以降のグランドスラム最多の優勝記録を保持し、23度目の優勝を成し遂げました。そして、310週間も世界ランキングトップの地位を守り続けたのです。

セリーナ・ウィリアムズは、過去最高のプレイヤーとして見なされています。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
07